愛嬌

【意味】 愛嬌とは、憎めない表情やしぐさ。人に好かれるような言葉・振る舞い。

【愛嬌の語源・由来】

愛嬌は本来「愛敬(あいぎょう・あいぎゃう)」で、慈しみ敬う意味の仏教用語であった。
室町時代頃から、清音の「あいきょう」が用いられるようになり、中世後期頃には清音が多く用いられるようになった。
この頃から「敬」の意味も薄れはじめ、「可愛らしさ」「艶かしさ」などの意味を持つようになり、「嬌」の字が当てられ「愛嬌」となった。
愛嬌は「可愛らしさ」の意味から多くの派生を生み、「人に好かれる振る舞い」の意味、さらに余興などのちょっとしたサービスをいう「ご愛嬌」や、商店などのオマケの意味にも用いられるようになった。

【関連語】

愛(あい) 愛くるしい(あいくるしい) 愛想(あいそ・あいそう)
愛らしい(あいらしい) あどけない いじらしい
幼気(いたいけ) 慈しむ(いつくしむ) 愛おしい(いとおしい)
愛しい(いとしい) 敬う(うやまう) 戯ける(おどける)
おべっか おまけ 可憐(かれん)
可愛い(かわいい) 気さく(きさく) キュート
けんもほろろ 滑稽(こっけい) 媚びる(こびる)
胡麻を摺る(ごまをする) サービス しおらしい
仕草・仕種(しぐさ) 素っ気無い(そっけない) チャーミング
突っ慳貪(つっけんどん) 艶かしい(なまめかしい) 膠も無い(にべもない)
剽軽(ひょうきん) ぶっきら棒(ぶっきらぼう) 仏頂面(ぶっちょうづら)
朴念仁(ぼくねんじん) 身も蓋もない(みもふたもない) ユーモア

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス