匕首

【意味】 匕首とは、つばのない短刀。九寸五分(くすんごぶ)。懐刀。ドス。ひしゅ。

【匕首の語源・由来】

匕首は、この刀には鍔(つば)がなく、柄と鞘の口がぴったり合うように作られていることから、「合う口」の意味で「合口」と呼ばれるようになった。
「匕首」の表記は、頭が匙に似た中国の短剣の「匕首(ひしゅ)」を当てた借字である。

【関連語】

斧(おの) 刀(かたな) 鎌(かま)
カンナ・鉋(かんな) 錐(きり) 切る・斬る・伐る(きる)
ギロチン 口(くち) サーベル
匙(さじ) 鞘(さや) 竹刀(しない)
鏨(たがね) 竹光(たけみつ) 太刀(たち)
柄(つか) 鍔(つば) 剣(つるぎ)
出刃包丁(でばぼうちょう) ドス ナイフ
薙刀・長刀(なぎなた) 鉈(なた) 鈍ら刀(なまくらがたな)
ノコギリ・鋸(のこぎり) ノミ・鑿(のみ) 刃(は)
ハサミ・鋏(はさみ) 懐(ふところ) 包丁(ほうちょう)
矛・鉾(ほこ) 鉞(まさかり) メス(小刀)
銛(もり) 刃(やいば) やす
柳刃包丁(やなぎばぼうちょう) 槍・鑓・鎗(やり)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス