合鴨

【意味】 合鴨とは、カモ目カモ科の鳥。野性のマガモとアオクビアヒルとの雑種。肉食用とするほか、狩猟のおとりに用いる。

【合鴨の語源・由来】

合鴨は、鴨類のいない夏季にアヒルでは満足できず、より野性の味を求めてマガモとアヒルを掛け合わせて作られた雑種である。
合鴨は「間鴨」とも表記するように、アヒルとマガモの間の鳥であることからこの名があり、合鴨の「合」は「合いの手」「合間」などと同じ「合」と考えられる。
合鴨の異名にはナキアヒルのほか、アヒルガモ・カモアヒルがあり、「アヒルガモ」から「アヒガモ」「アイガモ」と転じた可能性もある。
アイガモの旧かなは「アヒガモ」であるため、「アヒルガモ」が転じたとする説は考えられるが、「合」の旧かなも「アヒ」なので、旧かなだけで判断することはできない。

【関連語】

アイサ・秋沙(あいさ) 合いの手(あいのて) アヒル・家鴨(あひる)
ウミアイサ・海秋沙 オオハクチョウ・大白鳥 オシドリ・鴛鴦(おしどり)
オナガガモ・尾長鴨 ガチョウ・鵞鳥(がちょう) カモ・鴨(かも)
カリ・雁(かり) カリガネ・雁金(かりがね) カルガモ・軽鴨(かるがも)
カワアイサ・川秋沙 ガン・雁(がん) カンムリツクシガモ・冠筑紫鴨
キンクロハジロ・金黒羽白 クグイ・鵠(くぐい) クロガモ・黒鴨(くろがも)
ケワタガモ・毛綿鴨 コオリガモ・氷鴨(こおりがも) コガモ・小鴨(こがも)
コクガン・黒雁(こくがん) コクチョウ・黒鳥(こくちょう) コブハクチョウ・瘤白鳥
サツラガン・酒面雁 シジュウカラガン・四十雀雁 シノリガモ・晨鴨(しのりがも)
シマアジ・縞味(しまあじ) スズガモ・鈴鴨(すずがも) ツクシガモ・筑紫鴨
トモエガモ・巴鴨(ともえがも) トリ・鳥(とり) ハクガン・白雁(はくがん)
ハクチョウ・白鳥(はくちょう) ハシビロガモ・嘴広鴨 バリケン
ハワイガン・ハワイ雁 ヒシクイ・鴻・菱食(ひしくい) ヒドリガモ・緋鳥鴨
ホオジロガモ・頬白鴨 ミコアイサ・巫女秋沙 ヨシガモ・葦鴨(よしがも)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス