相づち

【意味】 相づちとは、相手の話に調子を合わせて頷いたり、言葉をはさんだりすること。「相づちを打つ」。

【相づちの語源・由来】

相づちは、江戸時代から見える語で、漢字では「相槌」や「合鎚」と書き、「槌・鎚(つち)」は物を打ち叩く建築用の工具である。
「鍛冶(かじ)」が刀を鍛えるとき、師が槌を打つ合間に弟子が槌を打つことを「相槌」や「相の槌」などといった。
そこから転じて、相手の問いに答える意味や、相手の話に合わせる意味になった。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

相槌(あいづち)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス