相合傘

【意味】 相合傘とは、一本の傘に男女二人が一緒に入ること。傘の柄の両側に男女の名前を書き、二人の仲を示す落書きの一種。最合傘(もやいがさ)。相合い傘。

【相合傘の語源・由来】

相合傘は江戸時代から用いられている語で、相合傘を書いて男女の間柄を表す落書きも江戸時代から見られる。
相合傘の「相合(い)」は、一緒に物事をしたり、共有・供用することの意味で、近所で共同に使う井戸の「相合井戸」、牛を供用する「相合井戸」、男女二人が一本のキセルでタバコを吸う「相合煙管」など、「相合」の語は広く用いられた。
「相」も「合い」も、動詞「合う」の連用形で、「互いに」「一緒に」を表す。

【関連語】

愛(あい) 合う・会う・逢う・遭う(あう) アバンチュール
アベック 雨(あめ) アンブレラ
いちゃつく 一緒(いっしょ) 男(おとこ)
女(おんな) 傘・笠(かさ) カッパ・合羽(かっぱ)
カップル 唐傘(からかさ) 恋(こい)
こうもり傘(こうもりがさ) 三度笠(さんどがさ) 蛇の目傘(じゃのめがさ)
互い(たがい) デート てるてる坊主(ぼうず)
名前(なまえ) ハート パラソル
番傘(ばんがさ) プラトニック 不倫(ふりん)
蓑・簑(みの) 最合傘(もやいがさ) 落書き(らくがき)
ラブ(恋・愛)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス