アヒル

【意味】 アヒルとは、カモ目カモ科の水鳥。マガモを改良した家禽(かきん)。肉・卵は食用とし、羽毛は羽根布団に使用される。

【アヒルの語源・由来】

アヒルは、中国で作られた品種が渡来したとされ、室町時代頃から飼育されていた。
アヒルの語源は、水掻きのついた足が広く大きいことから「足広(アシヒロ)」を略した「アヒロ」が転じたとする説があり、「アヒル」の語が現れるのは中世末期頃で、ほぼ同じ時期に「アヒロ」の語も見られるため有力とされる。
その他、アヒルの語源には、穀物などを箕で振るって、風でくずを取り去ることを「簸る(ひる)」と言いうことから、パタパタと腰を振って歩く姿態を喩えたとする説もある。

【関連語】

アイガモ・合鴨(あいがも) アイサ・秋沙(あいさ) 足・脚・肢(あし)
家(いえ) ウミアイサ・海秋沙(うみあいさ) オオハクチョウ・大白鳥
オシドリ・鴛鴦(おしどり) オナガガモ・尾長鴨 風・風邪(かぜ)
ガチョウ・鵞鳥(がちょう) カモ・鴨(かも) カリ・雁(かり)
カリガネ・雁金(かりがね) カルガモ・軽鴨(かるがも) カワアイサ・川秋沙
ガン・雁(がん) カンムリツクシガモ・冠筑紫鴨 キンクロハジロ・金黒羽白
クグイ・鵠(くぐい) 屑(くず) クロガモ・黒鴨(くろがも)
ケワタガモ・毛綿鴨 コオリガモ・氷鴨(こおりがも) コガモ・小鴨(こがも)
コクガン・黒雁(こくがん) コクチョウ・黒鳥(こくちょう) 腰(こし)
コブハクチョウ・瘤白鳥 サツラガン・酒面雁 シジュウカラガン・四十雀雁
シノリガモ・晨鴨(しのりがも) シマアジ・縞味(しまあじ) スズガモ・鈴鴨(すずがも)
卵・玉子(たまご) ツクシガモ・筑紫鴨 トモエガモ・巴鴨(ともえがも)
トリ・鳥(とり) 肉(にく) ハクガン・白雁(はくがん)
ハクチョウ・白鳥(はくちょう) ハシビロガモ・嘴広鴨 羽・羽根・翅(はね)
バリケン ハワイガン・ハワイ雁 ヒシクイ・鴻・菱食(ひしくい)
ヒドリガモ・緋鳥鴨 広い(ひろい) 布団(ふとん)
ホオジロガモ・頬白鴨 箕(み) ミコアイサ・巫女秋沙
ヨシガモ・葦鴨(よしがも)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス