あぐら

【意味】 あぐらとは、両膝を横に開き、足首を組むように座る楽な座り方。

【あぐらの語源・由来】

「あ」は「あ(足)」、「ぐら」は「くら(座)」で、インド北部の都市「アグラ」とは関係ない。
「くら(座)」は「高御座(たかみくら)」や「枕(まくら)」の「くら」と同じく、「高く設けられた場所」の意味で、貴族が座る高い座席や腰掛などの道具を「あぐら」と呼んでいたことに由来する。
道具から座り方の意味に転じたのは、江戸時代以降である。
古代、「あぐらをかく」「あぐらを組む」といった意味の言葉は「あぐむ(足組む)」が用いられており、この「あぐむ」と混同され座り方の意味になった。
現在、「正座」と呼ばれる座り方が日本での正しい座り方となっているが、茶道が広まる以前は、あぐらをかいたり片膝を立てた座り方が正しい座り方で、あぐら(道具)の座り方が「あぐむ」であったことも、この混同に影響していると思われる。

【関連語】

あぐら鼻(あぐらばな) 胡坐をかく(あぐらをかく) 足・脚・肢(あし)
イス・椅子(いす) 蹲る(うずくまる) カーペット
カウチ 屈む(かがむ) 畏まる(かしこまる)
茣蓙・蓙(ござ) 腰(こし) 座禅・坐禅(ざぜん)
しゃがむ 座る・坐る(すわる) 正座・正坐(せいざ)
席(せき) ソファー 蹲踞(そんきょ)
高い(たかい) 端座・端坐(たんざ) チェア
鎮座(ちんざ) 蹲う・踞う(つくばう) 膝(ひざ)
踏ん張る(ふんばる) へたる ベンチ
枕(まくら) 筵・蓆・席・莚(むしろ) 床(ゆか)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス