あごあし付き

【意味】 あごあし付きとは、食事代と交通費が先方持ちであること。

【あごあし付きの語源・由来】

あごあしの「あご」は食べるときに噛み砕くところから、食事の意味。
転じて、江戸深川の岡場所などでは飲食費を言うようになった。
「あし」は「足代」の略で、交通費の意味。
元は、主催者が食事代と交通費を負担することをいった、寄席芸人の隠語であった。
宿泊費を含む際は「あごあしまくら付き」と言うが、「あごあし付き」だけで宿泊費を含む事が多い。

【関連語】

上げ膳据え膳 顎(あご) 足・脚・肢(あし)
アッシー 至れり尽くせり(いたれりつくせり) 大盤振る舞い(おおばんぶるまい)
岡場所(おかばしょ) 奢る(おごる) おんぶに抱っこ(おんぶにだっこ)
ギャラ ご馳走・ごちそうさま 三顧の礼(さんこのれい)
青眼(せいがん) 食べる(たべる) 付く・附く・着く(つく)
太っ腹(ふとっぱら) 振る舞う(ふるまう) 枕(まくら)
メッシー 持て成す(もてなす) 寄席(よせ)
割り勘(わりかん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス