あげまん

【意味】 あげまんとは、男性に幸運をもたらしたり、運を向上させる女性。1990年(平成2年)に発表された映画「あげまん」(監督・脚本伊丹十三)によって流行した。

【あげまんの語源・由来】

「まん」は漢字で「間」と書き、巡り合わせや運という意味で、その運を上げることから「あげまん」になったとする説が多い。
これは不運を幸運に転ずることや縁起直しを「間直し(まんなおし)」と言い、同じ「まん」で意味的にも近いことから、このような俗説が一般的な説となった。
また、伊丹監督が映画の制作発表の際、作品として観てもらうために「間」の説を持ち出したことから、この説を信じる人が増えたとも考えられる。
「間直し」が多く使われていた時代と、この語が使われ始めた時代に大きな開きがあることや、映画が発表される以前から、俗語として「あげまん」や「さげまん」が広く使われていたこと。女性のみをさし男性に使われた例がないことなどを考慮すると、まんは女性器の隠語を略したとするのが妥当である。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

あげまんの意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス