あがったり

【意味】 あがったりとは、商売や事業がうまくいかず、どうしようもなくなること。また、そのさま。

【あがったりの語源・由来】

動詞「あがる(上がる)」の連用形に完了の助動詞「たり」が付いた語で、江戸後期から用例が見られる。
雨や雪が降り止むことや、ゲームでゴールに辿り着いたり、勝負がついた状態を「あがる」と言うように、「あがる」には「終わる」といった意味がある。
これに完了の助動詞が付いた「あがったり」は、「終わってしまった」という意味から、物事が駄目になる意味へ転じた。

【関連語】

赤字(あかじ) 上がり(あがり) 商い(あきない)
雨(あめ) 往生際(おうじょうぎわ) お仕舞い・お終い(おしまい)
おじゃん 終わり(おわり) 閑古鳥が鳴く(かんこどりがなく)
ゲーム ゴール 進退窮まる(しんたいきわまる)
絶体絶命(ぜったいぜつめい) 切羽詰る(せっぱつまる) 立ち往生(たちおうじょう)
ダメ・駄目(だめ) 土壇場(どたんば) 奈落の底(ならくのそこ)
にっちもさっちも のっぴきならない 背水の陣(はいすいのじん)
ピンチ ぽしゃる 水の泡(みずのあわ)
止める・辞める(やめる) 雪(ゆき) 埒が明かない(らちがあかない)
わや 割を食う(わりをくう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス