あがり

【意味】 あがりとは、すし屋などの料理屋で、煎じたばかりのお茶。また、一般にお茶。出花。

【あがりの語源・由来】

あがりは、元々、遊郭の言葉で「上がり花(あがりばな)」の略。
「お茶を挽く(お茶挽き)」という言葉は、客のつかいない遊女や芸者が暇を持て余していることを意味するため、遊郭では「お茶」を忌み嫌い、「客があがる」という縁起を担いで「お茶」を「あがり」と言うようになった。
「あがり花」の「花」は「最初」のことで、「出たばかり」という意味の「出端」と「花」を掛けた、「出花(でばな)」と同様である。
最初のお茶を「出花」、最後に出すお茶を「あがり花」と言っていたなどとする説があるが、「出花」も「あがり花」も最初に出すお茶のことで、意味が変わった訳ではない。
この説は、すごろくなどで「ゴール」を表す「あがり」と同義と捉えたことから、「あがり花」は最後に出されていたものと勘違いされたのであろう。

【関連語】

上がり(あがり) 上がる・揚がる・挙がる(あがる) アマチャ・甘茶(あまちゃ)
洗い(あらい) 飯鮨・飯寿司(いいずし・いずし) 飯無し鮨(いいなしずし)
一夜鮨(いちやずし) 稲荷寿司(いなりずし) ウインナーコーヒー
ウーロン茶・烏龍茶 卯の花寿司(うのはなずし) エスプレッソ
江戸前(えどまえ) 恵方巻き(えほうまき) 鴛鴦茶(えんおうちゃ)
縁起(えんぎ) 大阪鮨(おおさかずし) お茶(おちゃ)
お茶を挽く(おちゃをひく) お造り(おつくり) おにぎり
おむすび かっぱ巻き(かっぱまき) カフェイン
カフェオレ カフェコレット カフェモカ
カフェラテ カプチーノ ガリ
花柳界(かりゅうかい) 客(きゃく) キャラメルマキアート
急須(きゅうす) 腐り鮨(くさりずし) 軍艦巻き(ぐんかんまき)
ゲソ・下足(げそ) 毛抜き鮨(けぬきずし) コーヒー・珈琲
ゴール 杮寿司(こけらずし) ココア
刺身(さしみ) 信太寿司(しのだずし) シャリ・舎利(しゃり)
助六寿司(すけろくずし) 双六(すごろく) 寿司・鮨・鮓(すし)
雀鮨・雀寿司(すずめずし) タタキ タンニン
散らし寿司(ちらしずし) 釣瓶鮨(つるべずし) tea・ティー
鉄火巻き(てっかまき) 鉄観音(てっかんのん) 出る(でる)
甜茶(てんちゃ) トロ 馴れ寿司・熟れ鮨(なれずし)
ハーブ バッテラ 花・華(はな)
端(はな) 番茶(ばんちゃ) 暇・閑・隙(ひま)
ポリフェノール 抹茶(まっちゃ) マテ茶(ちゃ)
ムラサキ・紫(むらさき) 弥助鮨(やすけずし) 遊郭・遊廓(ゆうかく)
料理(りょうり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス