油を売る

【意味】 油を売るとは、無駄話をして時間を潰し、仕事を怠けること。

【油を売るの語源・由来】

江戸時代、髪の油を売る商人が、婦女を相手に長々と世間話をしながら、油を売っていたところから転じた。
ただ、油は粘性が高く、柄杓を使って桶から客の器に移すにも雫が途切れず時間がかかるため、怠けようと世間話をしていた訳ではないようである。
一説には、「油を売る」の語源となった油は、髪の油ではなく、行灯の油ともいわれる。

【関連語】

商人(あきんど) 油・脂・膏(あぶら) 行灯(あんどん)
売る(うる) 桶(おけ) 怠る(おこたる)
遅い(おそい) 髪(かみ) ぐうたら
愚図(ぐず) サボる 仕事(しごと)
滴・雫(しずく) 商人(しょうにん) せっかち
だらける・だらだら 他力本願(たりきほんがん) どら息子(どらむすこ)
とろい 怠ける(なまける) 鈍間(のろま)
暢気・呑気(のんき) 話(はなし) 柄杓(ひしゃく)
鬢(びん) 無駄(むだ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス