【意味】 油とは、水に溶けにくく、燃えやすい物質の総称。食用・灯火用・燃料・減摩剤など用途が広い。

【油の語源・由来】

獣肉を炙ると出てくるものなので「あぶる」が転じて「あぶら」になったとする説と、溢れ出てくるものなので「あふれ」が転じて「あぶら」になったとする説があるが、「あぶる(炙る)」の説が有力と考えられている。
漢字の使い分けは、主に、「油」が常温時に液体で植物性・鉱物性のもの、「脂」が常温時に固体で動物性のもの、「膏」は「脂」の中でも、特に肉のあぶらを表す。

【関連語】

油揚げ(あぶらあげ) 油が切れる アブラガニ・油蟹(あぶらがに)
脂が乗る(あぶらがのる) アブラガヤ・油茅・油萱 アブラガレイ・油鰈
アブラギク・油菊(あぶらぎく) 油ギッシュ(あぶらぎっしゅ) アブラギリ・油桐(あぶらぎり)
脂ぎる(あぶらぎる) 油口(あぶらぐち) アブラコウモリ・油蝙蝠
アブラススキ・油薄・油芒 アブラゼミ・油蝉 油チャン・油瀝青(あぶらちゃん)
アブラツノザメ・油角鮫 アブラナ・油菜(あぶらな) アブラハヤ・油鮠(あぶらはや)
油引かず(あぶらひかず) アブラボウズ・油坊主 アブラムシ・油虫(あぶらむし)
アブラヤシ・油椰子 アブラヨタカ・油夜鷹 油を売る(あぶらをうる)
溢れる(あふれる) 炙る・焙る(あぶる) アルコール
エゴマ・荏胡麻(えごま) オイル オリーブ
ガス・瓦斯(がす) ガソリン ギー
グリース・グリス グリセリン ゴマ・胡麻(ごま)
コレステロール サラダ油(ゆ・あぶら) 醤油(しょうゆ)
シンナー 炭・墨(すみ) 石油(せきゆ)
石鹸(せっけん) セルライト 天ぷら(てんぷら)
トロ 肉(にく) ニス
バター 火(ひ) 蓖麻子油(ひましゆ)
備長炭(びんちょうたん) 雲脂・頭垢(ふけ) ヘット
ポマード パラフィン マーガリン
マヨネーズ 水(みず) ヤニ・脂(やに)
油断(ゆだん) ラード ラー油(ゆ)
ローソク・蝋燭(ろうそく) ワックス

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス