あぶく銭

【意味】 あぶく銭とは、働かず、また不正なことで儲けた金。悪銭。

【あぶく銭の語源・由来】

あぶく銭の「あぶく」は「泡」のこと。
正当でない方法で手に入れたお金は身につかず、泡のように消えてしまうところから「あぶく銭」というようになった。
「あぶく」は「あわぶく(泡沫)」の略で、「ぶく」は「吹く」、「ブクブク」という音から、「あわうく(泡浮)」の約転といった説があり、「吹く」が有力とされている。
ただし、動詞が語末にきて名詞化する場合、普通は「いぶき(息吹)」「しぶき(飛沫・繁吹き)」のように連用形であるため、断定は難しい。

【関連語】

泡(あわ) 息吹(いぶき) 浮く(うく)
泡沫(うたかた) 御足・御銭(おあし) 稼ぐ(かせぐ)
金(かね) 金に糸目をつけない キャッシュ
現ナマ(げんなま) コイン 小銭(こぜに)
飛沫・繁吹き(しぶき) シャボン玉(しゃぼんだま) 銭(ぜに)
大枚を叩く(たいまいをはたく) チャリ銭(ちゃりせん) 虎の子(とらのこ)
丼勘定(どんぶりかんじょう) 端金(はしたがね) 働く(はたらく)
バブル びた一文(びたいちもん) 吹く・噴く(ふく)
臍繰り(へそくり) マネー 水の泡(みずのあわ)
目腐れ金(めくされがね) 儲ける(もうける) 元も子もない(もともこもない)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

あぶく銭(あぶくぜに)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
あぶく銭(あぶくぜに)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス