虻蜂取らず

【意味】 虻蜂取らずとは、欲を出しすぎて同時にいくつも狙うと、結局取り逃がして何も得られないことのたとえ。

【虻蜂取らずの語源・由来】

虻蜂取らずは、「虻も取らず蜂も取らず」が簡略化された語。
クモの巣を張ったクモが、虻がかかったのを見て取りに行こうとしたところ、蜂もクモの巣にかかったので虻を放っておいて蜂を取りに行く。
すると、虻が逃げようとするので、また虻の方に行くと蜂が逃げようとする。
あちこちしているうちに、虻にも蜂にも逃げられてしまい、結局どちらも取れなくなってしまうことから、ひとつのことに専念すれば良いのに、同時にいくつかのものを狙ったために何も得られず、失敗することのたとえとなった。
「虻蜂取らず鷹の餌食」や「虻蜂取らず蚊の餌食」などと後に続くことわざもあるが、これらは失敗した上、更に損することを強調したもので、元々は「虻蜂取らず」である。

【関連語】

アブ・虻(あぶ) 虻も取らず蜂に刺される 一石二鳥(いっせきにちょう)
鷸蚌の争い(いつぼうのあらそい) 海老で鯛を釣る 漁夫の利(ぎょふのり)
クモ・蜘蛛(くも) 犬兎の争い(けんとのあらそい) 諺(ことわざ)
巣(す) 棚から牡丹餅(たなからぼたもち) 鳶に油揚げをさらわれる
取る・執る・採る・捕る・撮る 二兎を追う者は一兎をも得ず 濡れ手で粟(ぬれてであわ)
ハチ・蜂(はち) 坊主丸儲け(ぼうずまるもうけ)

【関連リンク】

「虻蜂取らず」の意味・由来・出典・類義語・対義語・英語表現・例文

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス