阿鼻叫喚

【意味】 阿鼻叫喚とは、災害時など悲惨な状況に陥り、人々が泣き叫ぶさま。

【阿鼻叫喚の語源・由来】

阿鼻はサンスクリット語「avici」の音写「阿鼻旨」の略で、「無間(ひっきりなしであることの意)」と漢訳する。
「阿鼻地獄」や「無間地獄」と呼ばれる。
八大地獄の中の第8の地獄で最下層に位置し、猛火に身を焼かれるなど最も責め苦が激しく、罪人は絶え間なく苦しみを味わう。
叫喚は「叫び声」を意味するサンスクリット語「raurava」の漢訳で、「叫喚地獄」と呼ばれるもののこと。
八大地獄の中の第4の地獄で、熱湯の大釜で茹でられたり、猛火の鉄室に入れられたりする。
阿鼻叫喚は「阿鼻地獄」と「叫喚地獄」を合わせた仏語で、地獄の激しい責め苦にあって泣き叫ぶ様子から、災害など非常にむごたらしい様子のたとえとして用いられるようになった。

【関連語】

哀れ・憐れ(あわれ) 忌まわしい(いまわしい) 可哀相・可哀想(かわいそう)
気の毒(きのどく) 苦しい(くるしい) 諺(ことわざ)
叫ぶ(さけぶ) 残酷・惨酷・残刻(ざんこく) 散々(さんざん)
残忍・惨忍(ざんにん) 地獄(じごく) 修羅場(しゅらば)
塗炭の苦しみ(とたんのくるしみ) 泣く・鳴く・啼く(なく) パニック
酷い(ひどい) 物騒(ぶっそう) 不憫(ふびん)
身の毛もよだつ 惨い・酷い(むごい) 無残・無惨・無慚(むざん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス