あべこべ

【意味】 あべこべとは、物事の順序や位置、関係などがひっくり返っていること。反対。

【あべこべの語源・由来】

あべこべは、江戸時代頃から用いられるようになった語。
『和訓栞』では「彼辺此辺(あべこべ)」の意味、『俗語考』では「彼方此方(あべこべ)」の意味、『両京俚言考』では「あちらべこちらべ」の略とされ、いずれも「彼(あ)」と「此(こ)」に通じている。
「彼(あ)」や「此(こ)」は、「あれこれ」や「あちこち」など対(つい)で用いられ、「あべこべ」も単独では用いられない。

【関連語】

阿吽(あうん) 上(うえ) 彼(あれ)
打って付け(うってつけ) 馬が合う(うまがあう) 裏(うら)
表(おもて) 此れ(これ) サウスポー
逆さま(さかさま) 下(した) 反りが合わない
ちぐはぐ 千鳥足(ちどりあし) ちゃらんぽらん
ちんぷんかんぷん 辻褄(つじつま) テレコ
天地無用(てんちむよう) 頓珍漢(とんちんかん) 左(ひだり)
左利き(ひだりきき) 左ぎっちょ(ひだりぎっちょ) 右(みぎ)
ロンパリ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス