安倍川餅

【意味】 安倍川餅とは、焼いた餅を湯に浸して柔らかくし、砂糖入りのきな粉をまぶしたもの。

【安倍川餅の語源・由来】

安倍川餅は、本来、静岡市西部にある安倍川の茶屋の名物で、つきたての餅を小さくちぎって、きな粉で包んだものであった。
安倍川餅の名は、徳川家康に献上された際、家康が命名したとする説と、それ以前から東海道を旅する人の間では、安倍川名物として評判であったため、安倍川餅と呼ばれるようになったとする説がある。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス