あばよ

【意味】 あばよとは、別れの挨拶の言葉で、「さようなら」よりくだけた言い方。

【あばよの語源・由来】

あばよの語源には、「あばあば」という説もあるが、「あばあば」はあばよの幼児語として使われていただけである。
語源としては、「さらばよ」の略、「また逢はばや(またあはばや)」の転、「ああ、あれは」という感動を示す語「あは」に助詞の「よ」がついたものなど、諸説ある。
最も注目されている語源は、「按配よう(あんばいよう)」の略語という説である。
「按配(あんばい)」は「体調」の意味で近世から使われており、あばよも近世から使われている言葉であるため、意味と語形の両面からみて、この説が妥当とされている。

【関連語】

挨拶(あいさつ) 塩梅・按配・按配(あんばい) 一期一会(いちごいちえ)
行って来ます(いってきます) いってらっしゃい いらっしゃい
歌・唄・詩(うた) 会釈(えしゃく) お愛想(おあいそ)
お辞儀(おじぎ) お邪魔します(おじゃまします) オッス・押忍(おっす)
おはよう お休みなさい(おやすみなさい) かしこ
グッドバイ 御機嫌よう(ごきげんよう) ご無沙汰(ごぶさた)
コミュニケーション こんにちは さようなら
さらば ただいま バイバイ
餞・贐(はなむけ) 久しぶり(ひさしぶり) 覆水盆に返らず
夢(ゆめ) ようこそ 別れる・分かれる(わかれる)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス