あばた

【意味】 あばたとは、天然痘が治った後、皮膚に残る小さなくぼみ。

【あばたの語源・由来】

あばたは、「かさぶた」を意味するサンスクリット語「arbuda(アルブタ)」の音写「あ浮陀(あぶだ)」が訛った語。
あぶだは「あぶだ地獄」とも言い、寒さによって苦しめる『八寒地獄』の地獄名のひとつで、ここに落ちた者は厳寒のため、体に水疱(すいほう)ができるとされた。
そこから、天然痘が治った後、顔に残る傷のようなものを僧侶の間で「あばた」呼ぶようになり、一般にも広まった。
1980年、WHOが天然痘の全滅宣言を出しているため「あばた」も存在しないが、意味の派生によって、単なる吹き出物の傷跡なども「あばた」と呼ぶようになった。

【関連語】

皹・皸(あかぎれ) 痣(あざ) 汗疹(あせも)
後・跡・痕(あと) アトピー 穴・孔(あな)
痘痕も靨(あばたもえくぼ) アレルギー 疣(いぼ)
魚の目(うおのめ) 膿(うみ) 靨・笑窪(えくぼ)
御出来(おでき) 顔(かお) 皮・革(かわ)
傷(きず) ケガ・怪我(けが) 瘤(こぶ)
痔(じ・ぢ) 霜焼け(しもやけ) 皺・皴(しわ)
蕁麻疹(じんましん) 雀斑(そばかす) 胼胝・胝(たこ)
田虫(たむし) たん瘤(たんこぶ) ニキビ・面皰(にきび)
麻疹(はしか) 肌・膚(はだ) 皹・皸・胼(ひび)
贅(ふすべ) 坊主(ぼうず) 砲創・砲瘡(ほうそう)
黒子(ほくろ) 肉刺(まめ) 水虫(みずむし)
面疔(めんちょう) 蒙古斑(もうこはん) 物貰い(ものもらい)
火傷(やけど) 病(やまい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス